海外リユースを行う不用品回収業者を利用するメリット

>

リサイクルショップと海外リユースを行う不用品回収業者の比較

リサイクルショップやフリマアプリ

まず身近な不用品を買い取ってくれるリサイクルショップの買取を見てみると、基本的に買取を依頼したい商品は持ち込みが多いです。
もちろん出張買取もありますが、有料の場合もあります。
そしてリサイクルショップの家電買取に多く見られるのが「5年の壁」だと言われています。
リサイクルショップでは家電の買取を製造年月日から5年以内としているところが多く、それ以上となると買い取ってもらえません。

それならば、メルカリなどのフリマアプリで不用品の処分しようと出品した場合、もしかしたら高値で売れるかもしれませんが、売れない場合不用品はいつまでも片づかない事になります。
フリマアプリの中でもジモティーの様に譲渡を中心したものならば引き取り相手は、見つかりやすいですが確実ではないですし、大きな物は運搬がネックとなります。

海外リユースを行う業者の買取

海外リユースを行う不用品回収業者の傾向として、買取を積極的に行ってくれる傾向があります。
その理由としては、タイやベトナムで日本製品の需要は高く、その上リユース品は価格も手ごろなので売れ行きも良いので、業者としては多くの商品を求めているようです。
また、家具などは破損していたり、修理が必要な状態でも、リユース品として価値は高いので業者は買取して修理しても元が取れるようです。

まとめると、海外リユースを行う不用品回収業者に不用品の買取、回収を依頼するメリットは、買取があるので回収だけの不用品回収業者よりもお得に不用品処理ができ、リサイクルショップやフリマアプリと違い、買取か回収で必ず不用品を処分できる事だと言えます。


この記事をシェアする